実用車にもなるヤングタイマーはコレ/第6回

2019/11/21 3:33:45

 

実用車にもなるヤングタイマーはコレ

パーツが豊富なクルマは旧くても足になる/第6回

ヤングタイマーとは?

ヤングタイマーは、初度登録から15〜30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで'80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえます。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事をアップしています。

「ヤングタイマー」を「実用車」として楽しむ際の注意点について

初度登録から15〜30年ほど経過しているので、やはり、ヤングタイマーも年々良質なクルマが減ってきています。ショップ側の立場(視点)から申し上げると、販売車両の仕入れが困難な状況になってきているわけです。クルマに詳しくない方の中には、ヤングタイマーを最新の国産車を扱うような気軽な感覚で足として使用し、保管やメンテナンスも疎かにして、わずか数年で廃車にしてしまう心無い人もいます。ヤングタイマーに対する正しい知識とクルマへの愛情があってこそ「パーツが豊富なクルマは旧くても足になる」という記事が成立するので、これからヤングタイマーをゲットしようと思っている方は少しだけ心して購入に臨んでください。

フォルクスワーゲン ルポ GTIとは? 

フォルクスワーゲンのボトムレンジを担う3ドア・ハッチバック・モデルとして1998年にデビューしたルポのスポーティグレード。いわゆる、ホットハッチです。ルポが日本に導入されたのは2001年からで、まず、排気量1.4リッターの直列4気筒エンジン+4速ATという“普及グレード”が販売され、ベーシック版の「ルポ」と上級版の「ルポ コンフォート」がありました。ルポ GTIは2003年から発売され、シリーズ最強/最大排気量となる、125psを発生する、1.6リッター、DOHC16バルブ直列4気筒エンジンに6速MTが組み合わされていました。

普及グレードよりもパワフルだっただけでなく、ルポ GTIはボンネット、ドア、フロントフェンダーをスチール→アルミにすることで軽量化を図っており(1010kgという、クルマが肥大化した今となっては驚異的な軽い車重を実現)、シチュエーションを問うことなく軽快な走りを楽しめました。その他、外観では、バイキセノン・ヘッドライト、フロント・ハニカムメッシュグリル、ルーフスポイラー、センター出しデュアルエグゾーストパイプ、ボディ同色バンパー、15インチ・アロイホイールなどがルポ GTI専用となる装備でした。

内装では、赤いシートベルト、セミバケット形状のシート(前席だけでなく後席も。そのため、乗車定員は4名)などを採用。また、前後の重量バランスが考慮され、バッテリーが車体後部に搭載されていました。ラゲッジルームはミニマムです。

ルポ GTIの走行フィーリングは?

「パワーを使い切る楽しさ」があるエンジンは低中速のトルクが豊富なので、それ利用して小刻みに6速MTをシフトチェンジすると、クロスレシオになっているギア比と相まって気持ちよくドライブできます。FF車なのでアンダーステアを出さないような運転を心がけるのがベターだといえ、そのことに集中すると、いつしかルポ GTIを走らせていることに夢中になってしまいます。ルポ GTIのボディサイズは軽自動車並みにコンパクトで、なおかつ、スポーティな乗り味を演出することにこだわったフォルクスワーゲンがコストをかけて軽量化したクルマなので、とにかく軽快な走りを楽しめます。小さくて軽量なMT車は、もはや貴重な存在なので、気軽に軽快な走りを楽しみたい方は稀代のジャーマン・ホットハッチをチョイスするといいでしょう。個人的には、パーソナルユースに見事に対応する最高のシティコミューターだと思うので、自宅の前の道路や車庫が狭い、という方に特にオススメです。

ユーロマチックで伺った話によると「パーツがたくさん流通しているので、通常のメンテナンスに関しては、まったく問題ありません」とのことでした。フォルクスワーゲン ルポ GTIは、少ないコストで維持できる趣味的ヤングタイマーの注目株ということになるでしょう。この機会に是非。

□プライス&店舗インフォメーション

■フォルクスワーゲン ルポ GTI

税込車両本体価格:115万円

年式:2004年

走行距離:2.5万km

ミッション:6速MT

車検なし

修復歴なし

特記事項:D車、ワンオーナー、HDDナビ

■販売店舗

ユーロマチック

住所:〒156-0057 東京都世田谷区上北沢4-18-17 

TEL:03-3290-9001

FAX:03-3290-9041 

営業時間:10:00〜19:00

定休日:年末年始を除き年中無休

HP:http://www.euromatic.co.jp

E-mail:info@euromatic.co.jp

文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典

 

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第6回

2019/10/14 17:57:16

 

カーデザイン至上主義 

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第6回

はじめに/ヤングタイマーとは?

ヤングタイマーは、初度登録から15〜30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで'80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえます。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事をアップしています。

「ヤングタイマー」を「実用車」として楽しむ際の注意点について

初度登録から15〜30年ほど経過しているので、やはり、ヤングタイマーも年々良質なクルマが減ってきています。ショップ側の立場(視点)から申し上げると、販売車両の仕入れが困難な状況になってきているわけです。クルマに詳しくない方の中には、ヤングタイマーを最新の国産車を扱うような気軽な感覚で足として使用し、保管やメンテナンスも疎かにして、わずか数年で廃車にしてしまう心無い人もいます。ヤングタイマーに対する正しい知識とクルマへの愛情があってこそ「パーツが豊富なクルマは旧くても足になる」という記事が成立するので、これからヤングタイマーをゲットしようと思っている方は少しだけ心して購入に臨んでください。

BMW 528eとは?

BMW 5シリーズの第2世代として1981年に登場したE28は、初代5シリーズ(E12型)のデザイン・コンセプトを踏襲したスタイリッシュなアッパーミドルサルーンです。518、518i、520i、524d、524td、525i、525e/528e、528i、533i、535i、M535i、M5という多彩なモデルバリエーションを誇り、日本に導入された正規輸入モデルは、518i、520i、524td、528e、533i、M535i、M5でした。

今回撮影した528eに搭載されている直列6気筒SOHCエンジンは、燃料効率を重視したパワーユニットです。車名末尾の「e」は、ギリシャ語の『eta』(イータ)のことでした。BMWならではの高回転特性ではなく、低速トルクを太くすることで高効率を求めた排気量2,693ccのエンジンは、BMWがいち早く燃費や排ガス問題に取り組んでいたことを表す象徴的かつ先進的な存在だといえるでしょう。アメリカ市場を念頭に置き、新しい思想のもとで開発されたエンジンであることも知られています。

高効率エンジンを積んでいるため、スポーティな走行には向かないと思われがちな528eですが、直列6気筒SOHCエンジンが5シリーズのボディをグイグイ前へと押し出し、ブレーキ性能やコーナリング性能も高かったため、シチュエーションを問うことなく速く走ることができました。

特に528eのブレーキ(シャシー性能)は素晴らしく、ブレーキペダルを踏み込んだときのノーズダイブ量が少なく、ペダルの踏力に比例してスムーズに減速します。このナチュラルなフィーリングは微妙な減速を可能とし、足の裏で走行スピードを絶妙にコントロールすることができました。

また、足まわりのセッティング(味つけ)も秀逸で、ターンイン後のコーナリング時にアクセルペダルを踏み込んだ際にもアンダーステアにならないので、早めのパワーオンが可能でした。フロントタイヤのグリップが抜けず、リアサスがパワーをかけても負けないセッティングなので、528eのシャシー性能は驚くほど高いものでした。

ブレスでは、入庫してきた多様なクルマを自社にて徹底整備しつつセンスよく仕上げ、良心的なロープライスにてデリバリーしています。入念な整備を行なう際に必要不可欠となる各種パーツ類に関しては、欠品が目立つようになってきた国内の流通網だけでなく、ボッシュ品番等で追いかけ、海外からも入手。国内欠品扱いのパーツが案外スムーズにデリバリーされてくることもあるそうです。528eのパーツ供給に関しても、心配することはないでしょう。

プライス&店舗インフォメーション

■BMW 528e

税込車両本体価格:148万円

年式:1986年

走行距離:14万1000km

ミッション:4速AT

車検:2021年4月

修復歴なし/内外装美車/機関良好

D車、左H、フル装備、純正オーディオ、ETC、スペアキー、純正AW、1オーナー(多摩33ナンバー)、取説、新車時からの記録簿(修理明細書多数)あり 

■販売店舗

オートモービルアシスト・ブレス

住所:〒190-1214 東京都西多摩郡瑞穂町むさし野3-1-18 

TEL:042-539-2268

営業時間:(平日)9:30〜19:00/(日曜・祝祭日)9:30〜18:00

定休日:月曜日・第2火曜日

HP:http://www.blesscar.jp

文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名車もいいけど迷車もね!/第5回

2019/10/13 20:35:15

名車もいいけど迷車もね!

迷車を育てると名車になる!?/第5回

はじめに/ヤングタイマーとは?

ヤングタイマーは、初度登録から15〜30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで'80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえます。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事をアップしています。

「ヤングタイマー」を「実用車」として楽しむ際の注意点について

初度登録から15〜30年ほど経過しているので、やはり、ヤングタイマーも年々良質なクルマが減ってきています。ショップ側の立場(視点)から申し上げると、販売車両の仕入れが困難な状況になってきているわけです。クルマに詳しくない方の中には、ヤングタイマーを最新の国産車を扱うような気軽な感覚で足として使用し、保管やメンテナンスも疎かにして、わずか数年で廃車にしてしまう心無い人もいます。ヤングタイマーに対する正しい知識とクルマへの愛情があってこそ「パーツが豊富なクルマは旧くても足になる」という記事が成立するので、これからヤングタイマーをゲットしようと思っている方は少しだけ心して購入に臨んでください。

シトロエンC6エクスクルーシブ ラウンジ・パッケージとは?

シトロエンにおけるフラッグシップの系譜は、DS、CX、XMへと流れていきました。流麗なスタイルのC6はXMに続くフラッグシップとして2005年に登場し、その印象的なプロポーションは1998年のパリ・サロンで発表されたコンセプトカー「C6 リナージュ」を受け継いだものでした。日本では2006年10月から発売されました。他ブランドのデザイナーでは思いつかないであろうボディラインは日本のクルマ好きも大いに魅了し、2006-2007 日本カー・オブ・ザ・イヤー「インポートカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことでも知られています。

足まわりにはシトロエンならではのハイドロ・サスペンションである「ハイドラクティブIIIプラス」を採用し、独自の乗り味(=フラットライド)でドライバーとパッセンジャーをニンマリさせてくれます。日本仕様のC6は最高出力215psの3.0L V型6気筒ガソリンエンジンを積んでおり、これに6速ATが組み合わされていました。

C6はモノグレードで、Wエアバッグやアンチ・スピン・デバイスのESP、HDDナビゲーションシステム、大きな車体を駐車する際に役立つパーキング・アシスタントなどが標準装備されています。ちなみに、現車はリアにもシートヒーター付きの電動スライドシートを採用し、後席の居住性を向上させた「ラウンジ・パッケージ」仕様で、電動サンルーフも装備しています。

シトロエン特有のフラットライドを味わうためにはハイドロ・サスペンションをしっかりメンテナンスし、各種マウント類、電装系、そして、サスペンション以外の部位の油脂類も定期的にチェック&交換することが望ましいが、まだまだ整備用のパーツが揃うので安心していいでしょう。

プライス&店舗インフォメーション

■シトロエンC6エクスクルーシブ ラウンジ・パッケージ

税込車両本体価格:268万円

年式:2007年

走行距離:6万7000km

ミッション:6速AT

車検:2020年8月

修復歴なし/内外装美車/機関良好

■販売店舗

オートモービルアシスト・ブレス

住所:〒190-1214 東京都西多摩郡瑞穂町むさし野3-1-18 

TEL:042-539-2268

営業時間:(平日)9:30〜19:00/(日曜・祝祭日)9:30〜18:00

定休日:月曜日・第2火曜日

HP:http://www.blesscar.jp

文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典 

 

 

 

実用車にもなるヤングタイマーはコレ/第5回

2019/09/26 13:48:48

 実用車にもなるヤングタイマーはコレ

パーツが豊富なクルマは旧くても足になる/第5回

ヤングタイマーとは?

ヤングタイマーは、初度登録から15〜30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで'80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえます。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事をアップしています。

「ヤングタイマー」を「実用車」として楽しむ際の注意点について

初度登録から15〜30年ほど経過しているので、やはり、ヤングタイマーも年々良質なクルマが減ってきています。ショップ側の立場(視点)から申し上げると、販売車両の仕入れが困難な状況になってきているわけです。クルマに詳しくない方の中には、ヤングタイマーを最新の国産車を扱うような気軽な感覚で足として使用し、保管やメンテナンスも疎かにして、わずか数年で廃車にしてしまう心無い人もいます。ヤングタイマーに対する正しい知識とクルマへの愛情があってこそ「パーツが豊富なクルマは旧くても足になる」という記事が成立するので、これからヤングタイマーをゲットしようと思っている方は少しだけ心して購入に臨んでください。

アウディ S4 2.7T クワトロとは? 

プレミアム・パーソナルセダンとして知られるアウディ A4をベースとしたホットモデルで、パワフルなエンジン、スポーティな味つけのサスペンション、そして、クワトロと呼ばれるアウディ自慢のフルタイム4WDシステムなどを装備。最高出力265psを発生する2671ccのV6DOHCツインターボエンジンには6速MTが組み合わされ、ドライバーの意に沿った自在な動きを実現してくれる優れた動力性能を誇っていました。そして、ベースとなったA4セダンと変わらぬ実用性の高さも特徴としており、まさに一台でなんでもこなせるオールラウンドプレーヤーとして、いまでも違いの分かるファンの間で、もてはやされています。

ユーロマチックで伺った話によると「一般的にヤングタイマーは現在のクルマと全く同じような感覚では乗ることはできません。'80〜'90年代のクルマは、やはり、やせ我慢して乗る車両も多く、実際に、皆さん、エアコンが弱いとか、ハンドルが重いとか、安全&快適装備が無いなどさまざまなことをガマンしながら乗っている方も多いかと思います。しかし、このアウディ S4 2.7T クワトロは、そのような点もなく特にガマンすることなく乗ることができます(もちろん、テスターによる故障診断も可能です)。エンジンは中間域のトルクが凄いという特性になっており、制御も現代のそれに近いものなので、乗りやすいんですね。とはいえ、通勤通学の足として毎日乗るというのではなく、週末を共に過ごす相棒として楽しんでくだされば、この年式のアウディ S4はベストパートナーになるでしょう」とのことでした。

また、海外では20年落ちぐらいまでの自動車も「普通の旧いクルマ」として走っているので、いまでもパーツを容易に入手することが可能らしいのですね。今回ピックアップしたアウディ S4 2.7T クワトロは、ちょうど20年落ちですが、ブレーキペダルのゴム製カバーやサンバイザーのクリップといった細かな補修用部品を社外パーツではありますが容易に入手することができたそうです。アウディ S4 2.7T クワトロと聞くと専用パーツの塊のようなイメージですが、実はそんなことはなく、アウディの他モデルに使われているパーツを使えるケースが多々あるらしいのですよ。そう聞くと、一気にハードルが低くなるので、我こそは!と思った方は、この機会にゲットしてみてください。

プライス&店舗インフォメーション

■アウディ S4 2.7T クワトロ

税込車両本体価格:149万円

年式:1999年

走行距離:8.6万km

ミッション:6MT

車検なし

修復歴なし

装備:D車、左H、黒革、ナビ

■販売店舗

ユーロマチック

住所:〒156-0057 東京都世田谷区上北沢4-18-17 

TEL:03-3290-9001

FAX:03-3290-9041 

営業時間:10:00〜19:00

定休日:年末年始を除き年中無休

HP:http://www.euromatic.co.jp

E-mail:info@euromatic.co.jp

文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典

 

 

 

 

 

 

 

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第5回

2019/09/12 1:57:57

カーデザイン至上主義 

足グルマこそカッコよさにこだわりたい/第5回

はじめに/ヤングタイマーとは?

ヤングタイマーは、初度登録から15〜30年ほど経過しているクルマのことで、一番旧いモノで'80年代後半に発売された国内外の車両といったイメージです。この頃に生産されたクルマといえば、デザイン性の高さや品質のよさをアドバンテージとしていました。いま見てもカッコよく、しかも実用性が高くって安価な点が特徴だといえます。本特集では、ヤングタイマーならではといえるそれらの魅力に着目し、毎月、車 市場 名車館 編集長の筆者(高桑)が気になるヤングタイマーをピックアップ。記事をアップしています。

---------------------------------------

「ヤングタイマー」を「実用車」として楽しむ際の注意点について

初度登録から15〜30年ほど経過しているので、やはり、ヤングタイマーも年々良質なクルマが減ってきています。ショップ側の立場(視点)から申し上げると、販売車両の仕入れが困難な状況になってきているわけです。クルマに詳しくない方の中には、ヤングタイマーを最新の国産車を扱うような気軽な感覚で足として使用し、保管やメンテナンスも疎かにして、わずか数年で廃車にしてしまう心無い人もいます。ヤングタイマーに対する正しい知識とクルマへの愛情があってこそ「パーツが豊富なクルマは旧くても足になる」という記事が成立するので、これからヤングタイマーをゲットしようと思っている方は少しだけ心して購入に臨んでください。

アルファ・ロメオ アルファ159 2.2 JTSとは?

アルファ・ロメオが日本において新型セダンの「アルファ159」を発売したのは2006年2月のこと。GMと資本提携を結んでいるときに開発されたプラットフォームにジョルジェット・ジウジアーロ/アルファ・ロメオ・スタイリングセンターの手による美しいボディを組み合わせ、随所にアルファ的な演出を施した新世代のサルーンという成り立ちでした。全体のプロポーションを簡単に総括すると、キャビンの部分がグッと絞り込まれ、タイヤがその外側に張り出したフォルムは、まるで獲物を狙う肉食動物のような洗練されたスタイルになっていました。長きにわたってアルファ・ロメオのデザインを手がけてきたジウジアーロは、アルファのなんたるかを熟知し、その本質を余すところなく理解していたわけです。基本コンポーネンツを共有するクーペ版のブレラも同時期にラインナップされました。エンジンブロックもGMとの提携時に開発されたもので、オペル・ベクトラなどに積まれていた2.2リッターをベースとし、アルファ・ロメオが設計したヘッドを組み合わせた痛快なパワーユニットでした。メカニカルチューニングにこだわったサスペンションは、懐の深さを特徴としています。アルファ159のボディは前身にあたるアルファ156と比較するとかなり大きくなりました。大幅に拡大されたボディサイズは、全長×全幅×全高=4690×1830×1430mm、ホイールベース=2705mmで、アルファ156比で、それぞれ+255、+65、-15、+110という寸法です。サイズアップのおかげで、室内は横方向とリアシートまわりに余裕ができ、同クラスのセダンに負けない広々とした空間を手に入れました。

---------------------------------------

MT仕様は2007年登場の2.2 JTS ディスティンクティブまで

アルファ159は、2005年に発表され、2011年まで生産されました。2006年2月に、まず日本に導入されたのは、直噴2.2リッター直4のJTSエンジン(185ps、23.4kgm)と6段MTを組み合わせたFFモデルの2.2 JTS(左ハンドル)で、これに続き、2006年の春に2.2 JTSの右ハンドル仕様、新しい直噴3.2リッターV6 JTS(260ps、32.8kgm)と6段MT、フルタイム4WDシステムのQ4を載せた3.2 JTS V6 24V Q4(左ハンドル)が追加設定されました。2.2リッターモデルには、2006年12月からオートマチックモードの付いた2ペダル式MTのセレスピード仕様が設定され、3.2 JTS V6 24V Q4には2007年3月に6速AT仕様が追加されました。また、ステーションワゴン・タイプのアルファ159スポーツワゴンが2007年4月から発売されましたが、こちらはすべて右ハンドル仕様で、コンベンショナルなMTの設定はありませんでした。セダン・タイプのMT仕様は、2007年登場の2.2 JTS ディスティンクティブまではチョイスすることができました。

整備ポイント

パッゾオートモービルスは、P-TEC(ピーテック)と呼ばれる自社ファクトリーを完備しており、ここで各車をきっちり整備してからユーザーに販売車をデリバリーしています。ということで、現車は走行距離が5.5万kmですが、安心して乗ることができます。取説保証書やスペアキーも付いています。この機会に是非!

 

プライス&店舗インフォメーション

 ■アルファ・ロメオ アルファ159 2.2 JTS

税込車両本体価格:108万円

年式:2006年

走行距離:5.5万km 

車検:なし

修復歴:なし

 ■販売店舗

パッゾオートモービルス

住所:〒363-0013 埼玉県桶川市東1-10-11

TEL:048-770-0333

FAX:048-770-0334

営業時間:10:00〜20:00

定休日:水曜日(レース・イベント開催日)

HP:http://www.pazzo.jp/

Email:info@pazzo.jp

文&写真/車 市場 名車館 編集長:高桑秀典